泌尿器科

診療内容

泌尿器全般の疾患に、積極的かつ適切な治療を行っています。

前立腺肥大、尿路性器悪性腫瘍から、感染症、尿路結石、神経因性膀胱、尿失禁まで、泌尿器全般の疾患に対応しています。腎・尿管結石では疼痛コントロールなども行うとともにレーザー破砕術も開始しております。
また、多発性骨転移を伴う去勢抵抗性前立腺がんに関しては、Ra223(ラジウム223)を使用した治療を開始する予定です。
膀胱腫瘍に関しては、経尿道的膀胱腫瘍一塊切除術(TURBO)を実施しています。経尿道的に一塊に切除して、正確な病理診断をもとに適切な治療を行うものです。また、前立腺腫瘍に関しては、経会陰式前立腺生検を実施しております。一般的に行われている経直腸的な生検にくらべ、尿路感染症や直腸出血などの合併症が少ないのが特徴です。
尿路性器悪性腫瘍等の専門的な疾患にも積極的に治療を行っておりますので、早期発見のためにも、ぜひご相談ください。

診療実績

1. 泌尿器科手術件数 ( )は鏡視下手術

2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
副腎摘除術 4(4) 5(5) 4(4) 3(3) 2(2)
腎部分切除術 - - - 1(1) 4(4)
根治的腎摘除術 11(11) 6(6) 7(6) 9(9) 9(8)
腎尿管全摘除術 8(8) 11(10) 9(9) 11(8) 14(12)
膀胱全摘・尿路変更術 3 1 3 3 8
前立腺全摘術 9 8 14 17 18
経尿道的前立腺切除術 34 35 57 54 45
経尿道的膀胱悪性腫瘍手術 101 89 90 135 140
尿失禁手術 1 1 0 1 0
精巣摘除術 7 4 5 6 8
前立腺生検 82 96 113 129 104
経尿道的尿管結石摘除術
(レーザー破砕)
22 22 20 23 29
その他 55 64 50 75 55
合 計 337 342 372 467 433

医師紹介

橋本 邦宏

泌尿器科主任部長

橋本 邦宏

はしもと くにひろ

泌尿器一般、尿路性器悪性腫瘍、腹腔鏡手術

日本泌尿器学会専門医・指導医、広島大学医学部臨床教授、日本内視鏡外科学会技術認定医(腹腔鏡技術認定医)、日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
1990年卒

侵襲が少なく、かつ正確で安全な医療をめざしています。同時に、泌尿器疾患をできるだけ早期に発見し、早期に治療できる体制づくりも重要だと考えています。地域のかかりつけ医の先生方と連携し、地域の「健康」のため取り組んでまいります。

井上 勝己

部長

井上 勝己

いのうえ かつみ

泌尿器一般、排尿機能障害

日本泌尿器学会専門医・指導医、日本排尿機能学会認定医、日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
1989年卒

排尿困難や尿失禁など排尿機能障害を専門としています。排尿症状は泌尿器科以外の病気が原因でなることも多く、また、生活の質を低下させるので、他の診療科医師ならび看護職などの多種職間との連携をとりながら、患者さんに適した治療やケアが提供できるように努めます。

鵜飼 麟三

医師

鵜飼 麟三

うかい りんぞう

泌尿器一般、尿路性器悪性腫瘍

日本泌尿器学会専門医・指導医
1970年卒

これまでの経験を糧として、連携先の先生方とともに患者さんにとって最適な治療を選択し、丁寧に実施していきたいと考えています。

岡崎 真衣

医師

岡崎 真衣

おかざき まい

泌尿器一般

2016年卒

患者さんの話しを聞き、多職種も含め相談しながら治療を進めていきたいと思います。宜しくお願い致します。