令和元年度 JR広島病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 202 48 71 104 211 340 705 1342 1141 444
令和元年度の当院におけるDPC退院患者数は4,608人で幅広い年齢層の方が入院されています。最も多い年齢層は70歳から79歳の1,342人(29.12%)、次いで80歳から89歳の1,141名(24.76%)となっております。70歳以上の年齢区分以上の患者数は2,927人(63.52%)で、高齢化が進んでいることが示されています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 98 24.77 20.84 17.35% 85.33
040110xxxxx0xx 間質性肺炎-処置1:0-処置2:なし-副病:0 29 32.10 18.84 10.34% 80.38
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:あり-処置2:なし-副病:0 19 4.16 3.34 5.26% 72.63
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:0 15 17.27 14.62 0.00% 70.60
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし-A-DROP スコア1 12 9.42 13.48 0.00% 82.75
慢性閉塞性肺疾患(COPD)をはじめとする慢性呼吸器不全、間質性肺炎、気管支喘息をはじめとするアレルギー疾患、肺がん、感染症、睡眠時無呼吸症候群など幅広い呼吸器疾患全般の診療を行っています。肺がんなどにおける集学的治療が必要な場合などは、大学病院をはじめとした基幹病院に紹介を含めた支援を受けています。患者数が最も多い疾患は誤嚥性肺炎で、ほとんどが緊急入院の症例です。誤嚥性肺炎は高齢者が多く、必要に応じて歯科衛生士による口腔ケアや言語聴覚士による嚥下機能訓練、リハビリテーション科による嚥下内視鏡などを行っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)-内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術-処置1:0-処置2:0-副病:なし 213 3.11 2.63 0.00% 64.25
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:0 38 8.40 7.65 0.00% 63.45
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 27 38.96 20.84 14.81% 87.15
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍-内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術-処置1:0-処置2:なし-副病:0 25 9.60 8.27 0.00% 71.96
060100xx01xx1x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)-内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術-処置1:0-処置2:0-副病:あり 20 3.30 3.57 0.00% 75.05
消化管の内視鏡による診断・治療、消化器癌の診断・治療、ウイルス性肝炎を中心とした肝炎の診断・治療、IBDの診断・治療、機能性消化管異常の診断・治療を行っています。ガイドラインに基づいた、安全かつ確実な診療を行っています。中でも柱となっているのは、内視鏡センターにおける食道から大腸までの診断と治療です。早期胃癌、早期大腸癌に対する内視鏡的治療(内視鏡的粘膜切除術、ESD)を日々行っています。また、胆・膵に対する内視鏡的治療も年々増加してきています。外科的手術が必要な患者さまに対しては外科と緊密な連携をして治療を行っています。手術適応のない患者さまには積極的に化学療法を行っており、最近は近接する広島がん高精度放射線治療センター(HIPRAC)とも連携をとり、手術前後の放射線治療も行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99020x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:2あり-副病:なし 55 32.00 24.43 10.91% 82.36
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 42 26.33 17.71 2.38% 85.17
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:2あり-処置2:なし-副病:なし 39 3.03 3.15 0.00% 67.33
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:1あり-処置2:なし-副病:なし 33 3.15 3.01 0.00% 70.33
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 31 36.71 20.84 6.45% 90.19
虚血性心疾患には、現病歴を詳細に聴取した上で、スクリーニング検査として運動負荷心電図、心臓CT検査(320列)、薬物負荷心筋シンチグラフィなどの検査を実施しています。その上で虚血性心疾患が疑わしい場合には、入院のうえ冠動脈造影検査を行っています。冠動脈造影検査では器質的狭窄の評価を行いますが、中等度狭窄の場合には圧ワイヤーを用いた冠血流予備量比(fractional flow reserve:FFR)の測定を行い、経皮的冠動脈インターベンションの適応を評価しています。また、安静時、特に夜間から早朝にかけて胸痛が生じる冠攣縮性狭心症は、男性のみならず女性にも多い疾患です。現病歴からその合併が疑わしい場合には冠攣縮誘発試験を行い確定診断をつけるように心がけています。近年、高齢化に伴い心不全の患者さまが増加しています。緊急処置が必要な急性心不全にも対応し、その上で多様な心不全の原因を検索し可能な限り原疾患を治療するようにしています。
リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 12 28.08 15.48 25.00% 61.00
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 10 44.90 20.84 40.00% 87.10
070470xx99x0xx 関節リウマチ-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:0 10 19.10 16.09 10.00% 77.20
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし - - 12.58 - -
040110xxxxx0xx 間質性肺炎-処置1:0-処置2:なし-副病:0 - - 18.84 - -
関節リウマチや全身性エリテマトーデス、強皮症、筋炎等といった自己免疫性疾患を診療しています。多臓器の病変をきたしうるリウマチ膠原病の各種病態に対して各臓器専門医との強力なパートナーシップのもとに入院精査・加療を行っております。東区を中心とした広島市内の先生方との連携により2018年度は約160人の入院(リウマチ・膠原病疾患の精査・免疫抑制治療、生物学的製剤の導入、感染症、不明熱精査)がありました。常勤医師二人体制で迅速に入院加療を行える体制となっております。

※患者数が10人未満の項目には、ハイフン(‐)を表示しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)-処置1:0-処置2:0-副病:なし 39 4.59 6.19 0.00% 1.00
030270xxxxxxxx 上気道炎-処置1:0-処置2:0-副病:0 31 4.32 4.94 0.00% 3.29
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 22 4.96 5.69 0.00% 3.27
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎-処置1:0-処置2:なし-副病:0 21 5.05 5.73 0.00% 1.71
040100xxxxx00x 喘息-処置1:0-処置2:なし-副病:なし 15 5.13 6.64 0.00% 4.00
新生児から中学卒業までの児の、小児内科一般を幅広く診療しています。上・下気道感染症や胃腸炎関連などの感染症が主ですが、川崎病やIgA血管炎、アレルギーなど急性期疾患を中心に、年間約200人の入院加療をしています。
外科・消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)-ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等-処置1:0-処置2:0-副病:0 39 7.82 4.85 0.00% 71.44
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等-腹腔鏡下胆嚢摘出術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 33 9.15 7.13 0.00% 62.12
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍-結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 25 19.12 15.02 0.00% 72.76
060150xx03xxxx 虫垂炎-虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等-処置1:0-処置2:0-副病:0 24 5.42 5.45 0.00% 36.83
100020xx010xxx 甲状腺の悪性腫瘍-甲状腺悪性腫瘍手術 切除等-処置1:なし-処置2:0-副病:0 22 9.05 8.44 0.00% 58.55
当院は癌治療に力を注いでいます。外科におきましても手術の約4割は、癌に対する手術です。予定手術においては内科、放射線科、病理医と合同でカンファレンスを行い、最適な治療が実施できる体制を整えています。胃癌や大腸・直腸癌に対しては、患者さんに負担の少ない腹腔鏡手術を積極的に行っています。甲状腺癌に対しては「根治性」と、発声などの「機能温存」を考えた手術を行っています。乳癌に対しては、適応に応じて乳房温存術、進行度を考慮した術前・術後の内分泌・化学療法を行っています。各疾患の専門医が患者さん一人ひとりに、最善の治療を行えるように心がけています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎-その他の手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:0 107 16.95 16.54 1.87% 72.31
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎-手術なし-処置1:0-処置2:1あり-副病:0 73 3.51 2.73 1.37% 71.37
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:0 57 40.16 20.74 8.77% 81.42
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等-処置1:0-処置2:0-副病:0 56 37.73 25.94 44.64% 84.79
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎-手術なし-処置1:0-処置2:2あり-副病:なし 52 3.10 6.25 0.00% 73.79
最も多い疾患は脊椎手術、次に多い疾患は上肢および下肢の骨折手術、更に変形性関節症に対する人工関節置換術が続いています。脊椎手術は、脊椎脊髄外科指導医2名のもと計4名の医師が担当し、全例に手術用顕微鏡を使用し、拡大した明るい手術野のもとで安全で確実な手術を行っています。上肢および下肢の骨折に対しては、強固な固定を行い早期に運動を開始することを目標としています。人工股関節では筋肉を切離しない手術法を行い、歩行を含め早期機能回復を図り、早期の家庭復帰、職場復帰を目標としています。人工膝関節は、進行期から末期の変形性膝関節症や関節リウマチに対して行っています。膝関節の曲がる角度は手術後に減少し正座はできませんが、痛みが少なくなり日常生活の質は確実に向上します。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ-子宮全摘術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 13 1.92 2.90 0.00% 43.85
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍-子宮頸部(腟部)切除術等-処置1:0-処置2:なし-副病:0 - - 3.13 - -
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:4あり-副病:なし - - 4.58 - -
12002xxx03x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍-子宮内膜掻爬術-処置1:0-処置2:なし-副病:0 - - 2.56 - -
060030xx99x00x 小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし - - 8.39 - -
良性疾患から悪性疾患まで幅広く対応しています。また子宮頸がん、子宮体がんや卵巣がんなどの悪性疾患に関しては早期発見のため検診を積極的に行っています。


※患者数が10人未満の項目には、ハイフン(‐)を表示しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0-片眼 365 3.00 2.78 0.00% 77.42
020220xx97xxx0 緑内障-手術あり-処置1:0-処置2:0-副病:0-片眼 80 4.61 7.53 0.00% 75.31
020130xxxxxxxx 原田病-処置1:0-処置2:0-副病:0 - - 15.25 - -
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:0 - - 2.66 - -
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)-手術なし-処置1:0-処置2:1あり-副病:なし-85歳未満 - - 13.72 - -
白内障手術、緑内障手術を多く行っております。白内障手術は2泊3日、緑内障流出路再建術は3泊4日、緑内障濾過手術は4泊5日の入院で行っています。緑内障と白内障の同時手術も行っています。緑内障手術では、術後の眼圧コントロールを適切に行うことで早期退院が可能になります。高齢者、難易度の高い白内障手術が多く含まれています。

※患者数が10人未満の項目には、ハイフン(‐)を表示しています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患-処置1:0-処置2:0-副病:0 28 7.96 7.80 0.00% 26.00
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:0 21 5.10 5.45 0.00% 38.62
030400xx99xxxx 前庭機能障害-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:0 - - 5.01 - -
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎-扁桃周囲膿瘍切開術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 - - 7.76 - -
030250xx970xxx 睡眠時無呼吸-手術あり-処置1:なし-処置2:0-副病:0 - - 8.26 - -
急性咽頭炎は発熱による倦怠感、経口摂取困難となる症例は在宅での管理が困難であるため入院で治療を行っています。前庭機能障害はめまいを主とする症状があり、初診時に原因が特定できない場合は入院加療を行いながら頭部をはじめとする精査、他科へのコンサルテーションを行っています。重度の末梢性顔面神経麻痺、突発性難聴は安静、点滴によるステロイド治療を行っています。

※患者数が10人未満の項目には、ハイフン(‐)を表示しています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症-処置1:なし-処置2:0-副病:0 24 19.63 12.55 4.17% 64.00
080020xxxxxxxx 帯状疱疹-処置1:0-処置2:0-副病:0 15 10.00 9.00 0.00% 72.40
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)-皮膚悪性腫瘍切除術等-処置1:0-処置2:なし-副病:0 - - 7.90 - -
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物-皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等-処置1:なし-処置2:0-副病:0 - - 4.01 - -
080250xx99x0xx 褥瘡潰瘍-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:0 - - 25.17 - -
皮膚科疾患全般を対象としています。点滴治療を必要とする急性感染症(帯状疱疹、急性膿皮症)は、入院治療を行い早期軽快に努めています。急性膿皮症のほとんどは下肢の蜂窩織炎であり、糖尿病等基礎疾患を合併している患者さんが多いです。大きな粉瘤、脂肪腫等は一泊二日入院(局所麻酔手術)を行っています。

※患者数が10人未満の項目には、ハイフン(‐)を表示しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍-膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術-処置1:なし-処置2:なし-副病:0 133 8.09 7.07 0.75% 76.06
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等-経尿道的前立腺手術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 45 10.18 8.52 2.22% 73.13
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-処置1:0-処置2:0-副病:なし 27 10.59 12.58 3.70% 75.44
11012xxx020x0x 上部尿路疾患-経尿道的尿路結石除去術-処置1:なし-処置2:0-副病:なし 16 6.31 5.61 0.00% 63.63
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍-前立腺悪性腫瘍手術等-処置1:0-処置2:0-副病:0 14 13.64 12.18 0.00% 69.29
泌尿器科手術では7~8割を内視鏡手術が占めます。膀胱悪性腫瘍は経尿道的一塊切除により適切な病理診断のみならず穿孔や出血の合併症が少なく効率的で安全な治療法といえます。前立腺肥大症の手術は薬物療法無効例や尿閉例に対して施行しています。腎臓癌、腎盂尿管癌に対する手術は9割が腹腔鏡下の手術であり少量の出血量で術後創部痛の軽減により早期に退院が可能です。
人工透析科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-手術なし-処置1:なし-処置2:2あり-副病:なし 15 7.40 8.99 6.67% 77.33
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 14 35.21 11.67 21.43% 72.71
110280xx97x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-その他の手術あり-処置1:0-処置2:なし-副病:なし - - 15.68 - -
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-動脈形成術、吻合術 その他の動脈等-処置1:0-処置2:1あり-副病:0 - - 36.04 - -
110280xx01x20x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術-処置1:0-処置2:2あり-副病:なし - - 27.88 - -
自己動静脈吻合による内シャント設置術や経皮的シャント拡張術(シャントPTA)は、主として外来手術として行っています。シャント狭窄あるいは閉塞に対する治療としては、低侵襲で患者様に負担の少ないシャントPTAを第一選択としています。しかし、シャントPTAが困難と考えられた症例には、静脈形成術・吻合術(シャント再建術)を行っています。シャントは血液透析患者様にとって最も大切なライフラインです。よりよいシャントを作製し、長く使用できるような維持管理を心がけています。また、腹膜透析カテーテルの留置やトラブルに対する手術も行っています。

※患者数が10人未満の項目には、ハイフン(‐)を表示しています。
緩和ケア内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:0 11 36.00 14.62 0.00% 80.18
060040xx99x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし - - 8.64 - -
110080xx99001x 前立腺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:あり - - 12.69 - -
060020xx99x00x 胃の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:なし - - 10.79 - -
060035xx99x01x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍-手術なし-処置1:0-処置2:なし-副病:あり - - 16.43 - -
がん患者さんは、それ自体の症状の他に痛み、倦怠感などの身体的な症状や不安、いらだちなどの精神的な苦痛を経験します。さらには、闘病に際して経済的な問題や生きる意味への問いとしてスピリチュアルな苦痛などを抱き苦悩することがあります。「緩和ケア」は、これらの諸問題をやわらげ、その人となりを損なわず人生を生きぬいて頂くためのサポートです。

※患者数が10人未満の項目には、ハイフン(‐)を表示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 29 12 14 33 12 - 1 8
大腸癌 16 52 29 31 - 23 2 9
乳癌 10 - - - - - 1 8
肺癌 - - - 47 - 13 1 8
肝癌 - - - - - 3 2 6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌は、胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌および肝癌を指します。また、UICCとは国際対がん連合の略称です。UICC病期分類とは、各臓器別に、患者さんのがん診断時の(1)原発巣の原発臓器内での大きさと臓器周囲への広がりの程度、(2)原発臓器の近隣リンパ節への転移の程度、そして(3)遠くの臓器へのがん転移の有無により、早期がん/Ⅰ期から高度進行がん/Ⅳ期にまでの病期に分けるものです。各病期分類は、治療開始前のCT検査やMRI検査等による画像診断とがんに侵され生検あるいは切除された臓器の病理診断により決定されます。臓器別にまた各期により、治療方針が定められているため、UICC病期分類のどの期に相当するか決定することが大変重要です。
当院で治療をお受けになり、退院された5大癌の患者数を、Ⅰ期からⅣ期まで、病期別に集計した結果を掲載しております。再発症例とは、当院内あるいは他院で初回癌治療をお受けになり、いったん治療が終了し寛解された後、癌が再発し、当院にて治療を受けられた患者さんを指します。
当院における5大癌の治療に関しましては、胃癌と大腸癌の初回治療症例数が多く、早期のみならず進行癌の患者さんを積極的にお受けしています。肺癌は切除不能進行癌の患者さんの割合が高くなっています。再発症例は臓器を問わず、幅広く受け入れています。早期癌、進行癌および再発癌いずれも幅広く積極的に受け入れ、診療にあたっていることをご理解いただけると思います。

※患者数が10人未満の項目には、ハイフン(‐)を表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 7.50 53.50
中等症 64 14.67 76.75
重症 15 23.93 83.40
超重症 - - -
不明 - - -
医療資源を最も投入した傷病が播種性血管内凝固症候群(DIC)、敗血症、その他の真菌症、手術・術後の合併症だった症例について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病名)が「同一」か「異なる」かに区分して集計しています。この指標は、臨床上ゼロにはなりえないものの、少しでも削減されるべきものとして、感染症および合併症の発生率を示しています。特に、手術・処置等の合併症は、手術や処置時に一定割合で発生してしまう病態です。その一例として、術後出血や創部感染などがあげられます。

※患者数が10人未満の項目には、ハイフン(‐)を表示しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 - - - -
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 195 1.04 1.08 0.00% 65.52
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 31 1.39 1.03 0.00% 61.23
K654 内視鏡的消化管止血術 26 0.27 11.77 3.85% 72.23
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 24 1.00 7.13 0.00% 71.33
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 15 0.87 10.07 6.67% 74.27
内視鏡的治療で最も多いのは、大腸ポリープに対する粘膜切除術です。治療ガイドラインに従った適応病変に対し安全かつ確実な治療を行っています。粘膜切除(EMR)で完全切除が困難な症例は、内視鏡的粘膜剥離術(ESD)により確実な切除を行っています。次に多いのは、内視鏡的消化管止血術です。緊急内視鏡による、上部消化管内視鏡止血術、下部消化管内視鏡止血術を多く行っています。次に多いのは、胆道系処置です。胆管結石に対する内視鏡的治療、胆道系の閉塞に対し胆道ステント留置術を行っています。胆石除去術は、内視鏡的乳頭切除術(EST)あるいは内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD)を行った後、胆石の治療を行っています。高齢化とともに嚥下困難な患者さまが増えていますので、当院でも胃瘻造設を行っています。まず、嚥下機能の評価を行い、患者さまにあった胃瘻の造設を行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 28 2.54 3.54 0.00% 68.18
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 19 6.58 15.05 10.53% 84.68
K597-2 ペースメーカー交換術 10 0.90 8.20 0.00% 80.60
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - - - - -
器質的狭窄を伴う虚血性心疾患には、虚血の存在を評価した上で経皮的冠動脈インターベーションを行い、症状の改善に役立っています。また、急性心筋梗塞や不安定狭心症の急性冠症候群に対しては、24時間緊急カテーテル検査ができる体制を整えて迅速に検査・治療が開始できるようにしています。症状を有する洞不全症候群や高度房室ブロックなどの徐脈の患者さんには永久的ペースメーカー植込み術の適応であり、当院でも適応を判断した上で施行しています。また症状を有する末梢動脈疾患のみならず症状の強い深部静脈血栓症の患者さんに対してカテーテルを用いた治療を行っています。

※患者数が10人未満の項目には、ハイフン(‐)を表示しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 49 2.12 6.16 0.00% 62.78
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 30 5.33 12.23 0.00% 72.10
K6335 鼠径ヘルニア手術 28 1.54 5.14 0.00% 73.32
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 23 0.30 4.04 0.00% 35.87
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) 22 1.05 7.00 0.00% 58.55
手術件数のうち悪性腫瘍(癌)が約4割を占めています。当科では、外科学会及び消化器外科学会指導医・専門医の執刀・指導の下に手術を行っています。胃切除術、腸切除術、胆嚢摘出術、虫垂切除術、鼠径ヘルニア根治術では、腹腔鏡手術を積極的に取り入れ、全手術症例の約4割は腹腔鏡手術となりました。急患手術にも積極的に取組み、約2割の手術が緊急手術でした。急性胆嚢炎に対しては、ガイドラインに基づいた急性期手術を行っています。甲状腺手術に対しては、内分泌・甲状腺外科専門医が手術に取り組んでいます。また、乳癌に対しても、乳腺外科専門医による手術を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 192 2.53 14.84 4.69% 71.67
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 etc. 40 5.65 30.35 37.50% 85.13
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 35 4.51 39.49 2.86% 70.60
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 32 3.00 11.72 0.00% 53.56
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 28 6.82 31.61 50.00% 83.61
最も多い疾患は脊椎手術、次に多い疾患は上肢および下肢の骨折手術、更に変形性関節症に対する人工関節置換術が続いています。脊椎手術は、脊椎脊髄外科指導医2名のもと計4名の医師が担当し、全例に手術用顕微鏡を使用し、拡大した明るい手術野のもとで安全で確実な手術を行っています。上肢および下肢の骨折に対しては、強固な固定を行い早期に運動を開始することを目標としています。人工股関節では筋肉を切離しない手術法を行い、歩行を含め早期機能回復を図り、早期の家庭復帰、職場復帰を目標としています。人工膝関節は、進行期から末期の変形性膝関節症や関節リウマチに対して行っています。膝関節の曲がる角度は手術後に減少し正座はできませんが、痛みが少なくなり日常生活の質は確実に向上します。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術、子宮内膜ポリープ切除術 etc. 12 0.50 0.50 0.00% 43.33
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -
K861 子宮内膜掻爬術 - - - - -
K856-4 腟壁尖圭コンジローム切除術 - - - - -
K871 子宮息肉様筋腫摘出術(腟式) - - - - -
子宮筋腫等に対する開腹また膣式の子宮全摘術が多く、高齢化に伴う骨盤臓器脱(子宮脱)の手術が増えてきています。


※患者数が10人未満の項目には、ハイフン(‐)を表示しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 366 1.04 1.00 0.00% 77.42
K2683 緑内障手術(濾過手術) 40 1.00 3.13 0.00% 75.85
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 39 1.39 2.08 0.00% 74.59
K2684 緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術)(プレートなし) - - - - -
K279 硝子体切除術 - - - - -
白内障手術、緑内障手術を多く行っております。白内障手術は2泊3日、緑内障流出路再建術は3泊4日、緑内障濾過手術は4泊5日の入院で行っています。緑内障と白内障の同時手術も行っています。緑内障手術では、術後の眼圧コントロールを適切に行うことで早期退院が可能になります。高齢者、難易度の高い白内障手術が多く含まれています。

※患者数が10人未満の項目には、ハイフン(‐)を表示しています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 31 1.00 5.90 0.00% 23.61
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
K287 先天性耳瘻管摘出術 - - - - -
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) - - - - -
扁桃炎による発熱、咽頭痛を繰り返す慢性扁桃炎の症例に対して口蓋扁桃摘出術を行っています。慢性副鼻腔炎による鼻閉改善目的に内視鏡下・副鼻腔手術を行っています。扁桃周囲膿瘍は排膿時期が遅れると縦隔洞炎に伸展し致死的状況となる可能性があり、発見次第経口的に切開排膿術を行っています。

※患者数が10人未満の項目には、ハイフン(‐)を表示しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 133 1.35 5.69 0.75% 76.16
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 48 1.69 7.71 2.08% 72.67
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 26 2.35 3.73 0.00% 63.42
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 17 1.35 11.00 0.00% 73.12
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 14 0.57 21.14 21.43% 76.50
泌尿器科手術では7~8割を内視鏡手術が占めます。膀胱悪性腫瘍は経尿道的一塊切除により適切な病理診断のみならず穿孔や出血の合併症が少なく効率的で安全な治療法といえます。前立腺肥大症の手術は薬物療法無効例や尿閉例に対して施行しています。腎臓癌、腎盂尿管癌に対する手術は9割が腹腔鏡下の手術であり少量の出血量で術後創部痛の軽減により早期に退院が可能です。
人工透析科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 etc. 11 7.82 31.91 9.09% 73.82
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 11 6.09 15.27 27.27% 75.55
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
K6233 静脈形成術、吻合術(その他の静脈) - - - - -
自己動静脈吻合による内シャント設置術や経皮的シャント拡張術(シャントPTA)は、主として外来手術として行っています。シャント狭窄あるいは閉塞に対する治療としては、低侵襲で患者様に負担の少ないシャントPTAを第一選択としています。しかし、シャントPTAが困難と考えられた症例には、静脈形成術・吻合術(シャント再建術)を行っています。シャントは血液透析患者様にとって最も大切なライフラインです。よりよいシャントを作製し、長く使用できるような維持管理を心がけています。また、腹膜透析カテーテルの留置やトラブルに対する手術も行っています。

※患者数が10人未満の項目には、ハイフン(‐)を表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 23 0.50%
異なる - -
医療資源を最も投入した傷病が播種性血管内凝固症候群(DIC)、敗血症、その他の真菌症、手術・術後の合併症だった症例について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病名)が「同一」か「異なる」かに区分して集計しています。この指標は、臨床上ゼロにはなりえないものの、少しでも削減されるべきものとして、感染症および合併症の発生率を示しています。特に、手術・処置等の合併症は、手術や処置時に一定割合で発生してしまう病態です。その一例として、術後出血や創部感染などがあげられます。

※患者数が10人未満の項目には、ハイフン(‐)を表示しています。
更新履歴
2020/9/18
令和元年度 JR広島病院 病院指標を作成しました。